株式会社Joy 概要

   会社名  :    株式会社 Joy

   住所     :    〒234-0054  横浜市港南区港南台1-39-7

       電話         :    045-832-7553

   FAX   : 045-342-8101

       メール      :    joy@joyhealthcare.co.jp

     設立      : 2007年

   取引銀行   :    三井住友銀行 港南台支店

   業務内容   :    健康機器販売  

 

 

株式会社Joy代表 高橋信博プロフィール

 

1950年 静岡県沼津市生まれ

1969年 静岡県立沼津東高等学校卒業

1974年 慶應義塾大学工学部機械工学科卒業

1974年 森永乳業株式会社工務部

      (現エンジニアリング部)入社

       森永乳業グループ各社の生産設備の設計や

       施工監理業務を担当し、

       デザートやヨーグルト、飲料などの新製品の

       生産ラインや新工場の設計、建設業務などを担う。

2013年  森永乳業グループの食品機械メーカー(株)トーワテクノの

                 代表取締役社長に就任

2016年6月 同職を退任

2016年7月 (株)Joy代表に就任

 

長い間、企業人として激務と重責を担ってきましたが、

JoyカップとB-magに大いに助けられました。

 

特に、↓のアトピー改善の記録は私です。

http://ameblo.jp/gandemogenki/entry-11587423257.html

 

また、広島に単身赴任中は、電動ポンプを使って自分でJoyカップをし、

B-magを貼って、健康維持に努めてまいりました。

 

(株)Joyの代表として、

多くの方々のご健康にお役に立ちたいと願っておりますので、

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

株式会社Joy代表 高橋典子プロフィール

1953年 秋田市生まれ

1971年 秋田県立秋田北高等学校卒業

1971年 津田塾大学入学(山登りのサークルに明け暮

      れる)

1975年 津田塾大学国際関係学科卒業

1975年 日本ユニバック(現・日本ユニシス)株式会

      社に入社 (人事部勤務)

1979年 日本ユニバック株式会社退社

1990年 私立山手学院高等学校英語講師

      &自宅で英語塾(超問題児から医学部受験生まで教える)

2001年   乳がんと悪性黒色腫の手術

2002年   カッピング(吸い玉)を始める。骨転移の疑い。

2004年 大腸がんと開腹手術と診断されたものが良性と判明。

2006年 突然、「吸い玉を世界中に広める仕事をしよう」という思いが

      降ってくる。二つのガンの手術からちょうど丸5年の9月3日

      だったことから、天命と思い、起業を決意。

2007年 私立山手学院高等学校退職

2007年 株式会社Joy設立

2009年 二男がうつ病と診断され、 B-mag(世界初の7センチの

      深さまで届く永久磁気治療器)を使って復職したことから、
      B-magの普及も天命と思い、 販売を始める。

2013年 夫の酷いアトピーを治す

 

日本カウンセリング学会会員

がんの患者学研究所研究員

日本鍼灸療術医学界会員    

 

株式会社Joy設立の経緯と使命

私のすぐ下の弟は、1歳半のとき疫痢にかかり、

小児科で下痢止めを処方され、体中に毒が回って、一晩で亡くなりました。
おう吐や下痢は、排毒のための体の自然な反応なのに、それを薬で止められたのです。
 
ですから、私が乳がん・悪性黒色腫(悪性度の高い皮膚がん)になったとき、
抗がん剤やホルモン剤を拒否し、自然な療法を求めたのは自然なことだったのでしょう。
 
吸い玉(カッピング)を始めて2年後、今度は大腸がんで開腹手術と診断されましたが、
第一段階として内視鏡でとり、病理検査をしたところ良性でした。
その経過は、大腸がん?(1)~(4)に大腸内の鮮明な写真と一緒に載せています。
 
そして、ある日台所に立っていたら、「吸い玉(カッピング)を世界中に広める仕事をしよう」と思いが降ってきました。
カレンダーを見たら、ガンの手術から丸5年の9月3日だったことから、天命と思い、
起業を決意しました。
 
カッピング(吸い玉)の販売を始めると、一人暮らしの方やご家族の理解がなかったりで、背中をしてもらえるご家族がいらっしゃらない方がとても多いことに気が付きました。
夢にまで出てくるくらい自分で背中もできる工夫を考え、横にも吸い口をつけたカップを考案し、日本と中国で特許を取得しました。『Joyカップ』の誕生です。
 
この特許が縁で、世界一深くまで血流をよくする永久磁気治療器【B-mag(ビーマグ)】を紹介され、その効果に驚きました。
 
そのころ、二男がうつ病で会社を休みはじめましたが、B-magを使うことで会社に復帰でき、
4年半後には、社長をいただけるまでになりました。
その経過は、うつで休職した二男が社長賞をもらいました に載せました。
 
夫は、2011年末くらいからグッタリと疲れ果てた様子で、肩や腕の痛みで夜も寝られず、
毎日Joyカップ(カッピング・吸い玉)を続けたら、1年後、全身酷いアトピーになりました。
夫のアトピーの改善の記録です。(経過の画像付)
1年後の2014年4月現在、痛みもアトピーもありません。
 
7年前に起業して以来、『Joyカップ』と【B-mag(ビーマグ)】を販売し、
お客様たちのアフターフォローしてまいりました。
今、強く思うことは、この二つの道具を使って、血流をよくし、排毒を促進することで、
運命を変えたと思われるお客様がたくさんいらっしゃることです。
まさに福をよび運をひらかれたのです。
 
これからも、少しでも多くの方々のお役に立てるよう精進してまいりますので、
末永くどうぞよろしくお願いいたします。                (高橋典子)